30代 結婚

30代の婚活は特別なことではありません。

 

結婚できない人は増え続けている

 

未婚率は年々上昇しています。

 

 

では“いつか結婚したい”と考えているが減っているのかというと、そんなことはないのです。

 

 

すぐにでも結婚したい、いずれは結婚したいと思っている人たちの割合は、ずっと9割前後で変わっていないといいます。

 

 

つまり“結婚したいのにできない人”が増えているということなのです。

 

 

学校を出て社会人になったら、そのうちに結婚する・・・・以前は当たり前だった人生設計が、今は難しくなってきています。

 

 

未婚率がだんだんと上昇している背景には、初婚年齢が高くなったことも関係しています。

 

 

男女ともに年齢適齢期があとにあとにずれてきているのですね。

 

 

ただ、原因はそれだけではなく、いつまでも結婚しない(できない)人たちの数が増えて、「生涯未婚率」も上昇してきているのです。

 

 

将来的には男性女性ともに、4人に1人、もしくは5人に1人が、生涯独身のままになるだろうと推測されています。

 

 

生涯未婚率についてはこの記事もどうぞ。
>>5人に一人の女性が一生結婚できない時代がそこまで来ている!?

 

 

 

自動的に結婚相手に出会えるシステム

 

なぜそんなに結婚できる可能性が低くなってしまったのでしょうか?

 

 

これにはズバリ理由があって、お見合い結婚が減ったことが大きく関係しています。

 

 

国勢調査のデータによると、1982年当時の結婚に至るきっかけは「お見合い結婚」が29.4%で最も大きなっています。

 

 

それが急激に減少し、現在ではお見合いで結婚する人の割合は5%前後。

 

 

9割以上が恋愛結婚で占められています。

 

 

周囲が異性との出会いをお膳立てしてくれるお見合いというシステムに賛否はあるかもしれません。

 

 

ですが、そのシステムが衰退したことで、男女の出会う場が少なくなってしまったことは、疑いようのない事実なのですね。

 

 

 

新しい出会いの場が必要

 

未婚の理由ナンバーワンは「いい出会いがないから」です。

 

 

ただ普通に生活していれば、結婚対象となる相手が次々と目の前に現れる状況を望むのは難しいことです。

 

 

身の回りに出会いや恋愛のチャンスが豊富だという人の方が少数派なのではないでしょうか。

 

 

誰でも、自分の生活圏内以外での人間関係を求めるなら、なんらかのアクションが必要になってきます。

 

 

お見合いという「自動的に結婚相手に出会えるシステム」がなくなったことで、出会いは自力で探すものになったのです。

 

 

そのときに頼りになるのが従来からあるタイプの結婚相談所、そしてインターネットの広まりによって定番化しつつあるネット婚活サービスになります。

 

 

特にネット婚活はサービスのバリエーションが豊富なことから、自分の考え方や予算、生活スタイルに合わせた結婚活動が可能なことが魅力です。

 

 

各サービスともに利用者の数は増え続けていて、“結婚相手をネットで探す”のは当たり前の時代にシフトしてきています。

 

 

“結婚は自然にするものだから”

 

婚活をしていない、または乗り気になれない人たちにあるのは、このような意識なのかもしれません。

 

 

ですが、その考えが通用するのは20代まで・・・・そんな厳しい状況になってきているのかも。

 

 

「婚活ブーム」などと言われていますが、30代独身者の実情としては、もうすでに活動なしには結婚は厳しい、そんな時代になってきているのです。

 

 

婚活が特別なものだという考えは、できるだけ早く捨て去ったほうがいいのかもしれません

 

 

人気の関連記事

 

仲介・紹介型の結婚相談所ランキング

 

 

婚活サイト人気ランキング

 

 

マッチングサービス人気ランキング

 

 

婚活パーティー人気ランキング

 

 

ユーブライド会員の口コミ・評判 | 30代利用者の本音は?

 

 

マッチドットコム 30代体験者の口コミ情報

 

 

 

 


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ 結婚相談所 マッチングサービス 婚活サイト 婚活パーティー