30代 婚活 年収

30代婚活男女の年収・金銭事情

 

 

30代の婚活は珍しくない世の中になりました。

 

 

ただ年齢的に仕事の経験も重ね、職場でもそれなり地位に就いたとき、気になるのは結婚相手を養えるか、または一緒に生計を立てられるかと言う事ではないでしょうか?

 

 

特に男性の場合、結婚をするには家計を成り立たせるための収入が必要と当然ながら考えるもの。

 

 

できる事なら嫁となる女性に無理や我慢を強いらない程の収入・経済的安定を確保していたいと思うものです。

 

 

でないと、婚活をするのにも負い目を感じたり、自分と結婚しても大丈夫と言う安心感を相手に与えられないと感じてしまいます。

 

 

では、最近の30代の年収や給与、金銭感覚などは、実際のところどのようなものなのでしょうか。

 

 

また、世の中の男女は、伴侶とする相手にどれほどの収入を期待しているのでしょうか。

 

 

早く結婚したい30代にオススメ!仲介・紹介型の結婚相談所

 

 

 

婚活女性が男性に求める経済力

 

やはり、婚活女性は相手の年収や所得を気にするところです。

 

 

ひところは(今でも?)年収1,000万を求めるという時代もありましたが、女性の社会進出が進み、働くことの大変さやお金を得ることの難しさを理解しているご時世、そこまで高所得を期待しなくなっている事も事実です。

 

 

ですが、慎ましやかながらも安定した経済的余裕のある生活をしたいと考えている女性も少なくありません。

 

 

それこそが結婚、結婚相手に求める最優先事項という人も多いのが実際のところです。

 

 

年収500万円以上、できれば600万円以上はあって欲しいと考えている女性が多い現状があります。

 

 

しかしながら今の結婚適齢期の日本男性で、30代で年収600万円以上を稼いでいる男性は、25人に一人しかいないのです。

 

 

世の女性が、いくら年収600万円以上を望んでも、隣の男性を見てもそれ以下、その隣もそれ以下なのかもしれません。

 

 

ですから男性側としても、そんなに高給取りじゃないよと落ち込む必要もありませんし、あきらめる必要もないといえます。

 

 

年収600万円は無いけれど、自分はこんなことができる、あんなことができるとアピールポイントを探しましょう。

 

 

たとえば結婚後のことでなら「洗濯はできるよ」「掃除は得意だよ」「休日の夕飯は任せて」など、女性を助けられるポイントがありませんか?

 

 

世の女性は経済力と同じくらい男性に「包容力」を求めています。

 

 

社会や世の中の荒波に女性も晒される時代となりました。

 

 

生活も、金銭も、心も安心できる環境を求める傾向にあります。

 

 

それは大金ではありません。

 

 

そんな辛く頑張っている女性の味方になれる伴侶です。

 

 

給料は少なめだと感じている男性も、温かい深い愛情で女性を包み込み、気持ちが安らげる生活を保証してあげてください。

 

 

逆にいえば、世の女性の方には年収○○万円の夢は、夢で終わるかもしれません。

 

 

金銭面で無理な目標設定をしないで、現実を見て、自分にあう男性、自分を大切にしてくれる男性を探すことが賢明かもしれません。

 

 

お金の面だけにとらわれず、ストライクゾーンをもう少し女性側が広げてみると、案外お互いにベターな関係がすぐそこにあるかもしれません。

 

 

 

婚活男性が女性に求めること

 

では、男性側の女性に求めるのはどのようなことなのでしょうか。

 

 

多くの婚活男性は、やはり女性に家庭を支えてほしいと感じています。

 

 

自分のしたい事をして、輝く女性であってほしいと感じる半面、自分の妻になる人には、温かい家庭を築けるようサポートしてほしい男性がまだまだ多いようです。

 

 

しかし、これまで働いていた女性に今までの仕事を捨てて、家庭に入ることを要求する古い考えや価値観は変化してきています。

 

 

女性が外で働く可能性をゼロと考える男性は減ってきているのです。

 

 

また、このように男性の心は変化しています。

 

 

「自分だけの収入でこれまでの生活レベルを落とさずやりくりできるのか」と言う事です。

 

 

現状の収入では自分の事だけでも難しい、ぎりぎりと言う男性も増えてきていることから、

 

 

女性にも収入を得てもらい、対等に生活をしたいと考えている男性も少なくありません。

 

 

ただ、ここで女性側にとって問題になるのは、結婚後の家事分担を決意している男性もいれば、それとこれとは別という考えで、家庭の事も妻に任せたいという考えを持つ男性もいるということ。

 

 

わがまま千万な考えなものの、そんな男性もいるということを肝に銘じておかなくてはならないでしょう。

 

 

仕事も家事も完璧に一人でこなすことは並大抵なことではありません。

 

 

30代で年収もあまり多くはなく、妻にも働いてほしいと考えている男性には、確実に家事を一緒にすることを約束してもらいましょう。

 

 

たとえあなたが面倒見が良く、すべて自分でこなしたい女性でも、負担に差があれば、いずれ辛くなる時がきます。

 

 

想像以上に大変に感じ、結婚したことは失敗だったと感じてしまう瞬間がおとずれる可能性も出てきます。

 

 

夫婦共働きが前提なら、フェアな関係でいるためには家事分担のできる男性を選ぶことが大切になります。

 

 

そんな相手ならお互いの役割を手助けすることもできますが、絶対に家事を手伝わない男性は自分を苦しめる結婚相手になるかもしれませんよ。

 

 

 

最近の男女の傾向

 

最近では婚活をする男女の相互理解が進んでいると言われています。

 

 

男性側は自分の収入だけではやっていけないと理解しているため、女性に無理ない範囲で自分らしく働いてもらい、家計を共に成り立たせようと考える傾向にあります。

 

 

女性は、男性だけに収入だけで生活を維持したいとは考えずに、自分も充実できる職について稼いで、その分引け目なく対等にやりくりしたい、自分のものを自分の給料から買ったりしたいと考えています。

 

 

男性だけに稼いでもらうと、どうしても引け目を感じて自己投資できないと感じる女性もいて、お互いに働くことで対等さを、自由を得たいという意識が強くなってきているようです。

 

 

 

30代既婚男性の収入の現実と女性の選択肢

 

それでも、男女ともに高収入で金銭的不安のない家庭生活をしたいということに間違いはないでしょう。

 

 

しかしながら、現状として既婚男性の平均年収は400万円から500万円と言われています。

 

 

もちろんこれより多い男性もいますが、年収300万円台でも子供も持って楽しく生活をできている世帯もあります。

 

 

これで、自分の家を持っている人もいます。

 

 

ぜいたくを言わなければ、世帯年収がそれほど高くなくても、この日本では生活していけると言うことで勇気がわきますね。

 

 

 

婚活女性の思考の変化

 

最近の婚活女性は、男性に収入より「価値観の一致」を、より求める傾向にあるともいわれています。

 

 

価値観は、これまで自分の歩んできた人生や生活背景が関わるものです。

 

 

似た境遇で、似た考えで、お互いを尊重できる関係性を求める女性が増えているということですね。

 

 

そのことを踏まえておくと、収入の多少ないにかかわらず、男性もパートナーを見つけやすくなるはずです。

 

 

女性の考えを尊重しつつ、自分の考えも確立されている男性であれば、収入関係なしに結婚できる可能性は広がっていくことでしょう。

 

 

人気の関連記事

 

仲介・紹介型の結婚相談所ランキング

 

 

婚活サイト人気ランキング

 

 

マッチングサービス人気ランキング

 

 

婚活パーティー人気ランキング

 

 

ユーブライド会員の口コミ・評判 | 30代利用者の本音は?

 

 

マッチドットコム 30代体験者の口コミ情報

 

 

 

 


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ 結婚相談所 マッチングサービス 婚活サイト 婚活パーティー